top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

イメージに合った表面加工

屋外に高級感のある文字看板を取付けたい方へ


ステンレス文字は、会社やビル、マンションなどのエントランスにおすすめですよ。









特徴と仕様

オフィスの入り口にステンレス製の企業ロゴが付いているのを見ると他の素材のものと比べて高級なイメージが強く印象に残ります。ステンレスはDIYなどで気軽に加工することができない素材です。



特徴

ステンレスはアルミ・アクリルに比べて小さな切文字加工に適している素材になります。加工は一文字ずつ切り出した後に行われるため仕上がりもとても美しいです。


また、ステンレスは耐食性、耐熱性、強度に優れており、屋外でも長く使うことが可能です。厚さは0.8mmから5mmが主流と言われておりボルトを使って取り付ける際は3mm以上のものを使用することが多いです。



取付け

完成したステンレスをどのように設置するのか考えなければなりません。


取り付ける壁面にベタ付けするのか、もしくは切文字と壁面の間に浮かせパイプを用いて壁面と距離を作り、切文字の影を魅せることで立体感を出すことが出来ます。



表面の加工

ステンレスを用いた切文字の特徴として、仕上げ工程の表面処理によって魅せ方を変えることができます


特によく見られる仕様としてヘアライン加工・磨き加工・塗装があります。



ヘアライン加工

ステンレスの仕上げでは最も一般的な仕上げになります。細かな細い線が一方方向に無数に伸びている様から髪の線(ヘアーライン)加工と呼ばれています。


ヘアーライン加工を施すとマットでシャープな印象が強くなり、より一層高級感が出ます。角度によっては白く輝き、一番ステンレスらしい加工になります。取り付ける壁面は淡色より濃色との相性が良く文字が一層際立ちます。



磨き加工(ミラー・鏡面)

磨き加工は金属を専用の布を用いて研磨する仕上げ加工です。磨きに使用する布の目の細かさで仕上がりが異なり、細かければ細かいほど光沢が出て鏡に近くなっていく為目が細かいものに関しては鏡面加工と呼ばれます。鏡のように磨かれた表面は見る角度によって印象をガラッと変えることができ、建物をスタイリッシュに見せることが出来ます。マンション等の入り口・エントランスにもおすすめです。


文字の表面には周りの景色が映り込むため角度によっては黒く見えます。その為、ヘアラインとは対照に白やアイボリーのような明るい壁面との相性がとても良いです。



塗装

“塗装”と一口に言ってもアクリル・メラミン塗料のような150℃前後以上の高温で乾燥させる焼付塗装や熱を用いないラッカー塗装、アクリル樹脂塗装と様々です。表面をヘアライン加工で仕上げ、一部分だけアクセントとして塗装することも可能です。

色を変えるだけで印象は変わり、デザイン次第ではほかの素材に見えるような仕上がりにすることも出来ます。



表面加工や取り付け方にこだわりましょう


ステンレスの切文字と言っても、仕上げの方法や取り付け方によって見え方はかなり変わってきます。


完成品の明確なイメージが出来ているのであれば、相談してみてはいかがでしょうか。イメージに合う見え方、演出に近づけるアドバイスが出来ると思います!



 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

コメント


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page