top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

フォントで見栄えが激変!?

フォント(書体)が変わると看板のイメージが変わる。


文字で何かを訴求・PRする際には必ずフォントが必要になります。

看板に限らず、印刷物など、フォントで見えやすくもなり、見えずらくもなります。


同じデザインを用意しても文字のフォントを変えるだけで見た目の印象がガラッと変わります。見えやすく、イメージに合うフォント選びが大切です。


高級感を持たせたり、キレイめにまとめたり、元気の良さを演出したり、親しみを演出したりと同じ文言でもフォントが与える印象は異なります。


それでは、フォントの種類を一部、見て行きましょう。



ゴシック体






ゴシック体は、文字の横線、縦線の幅が同じ太さの書体のことを指します。

とめ、はらいなどのセリフ(ひげ、ひげ飾り、うろことも呼ばれる)がない書体です。


ゴシック体の太字は「元気」「パワー」を演出するのに最適です。

遠くからよく見えて目立たせることができます。




明朝体






明朝体は、 文字の横線が細く、縦線が太く、とめ、はらいなどのセリフ(別名:うろこ、ひげ飾り、ひげ)が表現された書体です。


明朝体はゴシック体に比べ、「キレイ目なデザイン」、「高級感」を演出するのに最適です。ただし、明朝体は横線が細いので、劣化してくると見えづらくなることがあります。



また、書体によっては明朝体の太さ(レギュラー・ボールドなど)が選べる書体がありますのでなるべく太い書体を選ぶことをオススメします。




その他の書体

世の中には数かぎりない書体がありますのでその中から自分のお店に合ったものを見つけるのも良いアイディアです。


書体には有償のものと無料のものがありますので、なんでも好きにデザインできるわけではないですが、お気に入りの書体が見つかればデザイン制作が楽しくなります。




看板以外にチラシ、ポスターなどにも同様の書体を使用すればデザインに統一感が出て、販促ツールに一体感がでます。


もし、看板屋さんなど制作会社、デザイン会社に看板作成してもらう際には、書体の一覧を見せてもらうのも良いかもしれません。

「見たことなかったけどすごく気に入った書体」が見つかるかもしれません。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page