top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

ポール看板撤去












店舗の引っ越しや看板の老朽化でポール看板を撤去しようとお考えの方へ

予算にあった撤去方法をみつけましょう!



ポール看板の撤去工事

視認性が高く、遠くからや車の中からでも確認ができる、有効性の高い屋外広告物であるポール看板ですが、老朽化や営業形態などの変化に伴い、撤去を考えられている方もみえるかと思います。



ポール看板の撤去方法

ポール看板を撤去するといっても、様々な方法があり、予算や状況に応じて、実際どこまでやるのかということを考えなくてはなりません。


地中の基礎コンクリートから丸ごと撤去するのか、表示面だけを白い無地の状態にすればよいのかでは、工事の規模や費用が大きく変わってきます。



地中の基礎にコンクリートから

ポール看板では、大きさにもよりますが多くの場合、地中にかなりの規模のしっかりとした基礎コンクリートが埋まっています。これらを丸ごと撤去するには、クレーン車やショベルカーなどそれなりの什器を用意する必要があります。また、掘り返した穴の埋め戻し作業や、地面の舗装工事などかなりの費用が発生すると考えられます。



ポールを根元で切断

ポール根元部分で切断して、地面から出ている部分を丸ごと撤去する方法です。こちらも看板の大きさによって、クレーン車などが必要となり、また、基礎を掘り返したほどではないにしろ、埋め戻し作業なども必要となってきます。



上部の表示面だけ

看板の仕様にもよりますが、多くのポール看板と呼ばれるものは、ポールの頭の部分だったり、突き出して取り付けている表示部分のみを取り外せる場合があります。この部分を撤去してポール柱のみにしてしまう方法です。この方法もやはり、クレーン車と高所作業車や仮設足場などは必要となってきます。



表示面を白くする

撤去とは少し意味合いが違うかもしれませんが、一番費用をおさえられる方法だと思います。現状のデザインの入った表示面の素材を、無地の新しいものに交換してしまったり、白いシートで上から目隠しをしてしまうという方法です。ただ、看板の大きさに応じた高所作業車などの足場は必要となってきます。



費用や工事の規模を考慮して撤去方法を選びましょう


撤去方法や現地の状況によって、費用も工事期間も変わってくると思います。



 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page