top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

印刷の種類とは?

シルク印刷をご存知でしょうか?








看板にも種類があるように印刷にも種類がございます!

今回は、シルク印刷について書いていきます(/・ω・)/



シルク印刷

看板表示面の印刷にもいろいろな種類がありますが、その中の一つであるシルク印刷というものをご存知でしょうか?


その名前の通り『絹』を使った印刷で、様々なところで広く使用されている印刷方法です。1970年代に流行した『プリントゴッコ』もこの印刷方法を用いたものなので、皆さんももしかしたら経験しているのかもしれません。



仕組み

シルク印刷は版材に絹(シルク)の布をピンと張り、 絹目の間からインクをヘラで擦ることで適量押し出し、版材の空隙から印刷物にインクをのせていきます。


現在では、絹布を使用せずインクの通りが良いよう改良された化学繊維の糸で織られた布を主に使用しています。



手順


1、デザインデータを元に、使用する材料や型に効率よく合うように並べたフィルムを作成

2、フィルムを版に焼き付ける製版作業

3、使用するインクの調合

4、色ごとに印刷

5、一定の温度で加熱して乾燥








印刷には非常に時間がかかります。

この為、大量に印刷するのには向いていません。



メリット


様々な素材に対応可能

シルク印刷は板への印刷だけでなく、紙や布その他さまざまな素材への印刷が可能です。

さらに、木版や銅版と違い版自体に柔軟性があるので緩い曲面であれば印刷することが出来ます。


オフセット印刷と比べて安価

製版から印刷の作業に必要な機械・設備がオフセット印刷と比べると安価です。

しかし、版の耐久性は低いので大量生産には向いていません。



おすすめ

シルク印刷は多少凹凸のあるような所に印刷する際に適しています!



いかがでしたでしょうか?


印刷方法は多種多様であり、それぞれの特徴・利点を知った上でその中から自分の求めているものに適した印刷方法を探さなければなりません。



 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comentários


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page