top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

周辺への周知

営業している店舗でもっと集客をしたい! お店のことを多くの人に知ってもらいたい!









何の為に看板を取付けますか?

「看板を取付ける理由」 「周辺への周知」が圧倒的に多いです。 今回は看板での周知の効果を書いていきたいと思います。


周知と認知の違い

「『周知』は広く知らせること、広範囲のひとに知らせること」 「『認知』存在や価値を認めること、知識を得る働き」などになります。 店舗オーナー様はどのようにお店を知っていただくかを考えていらっしゃると思います。その中のひとつの方法は、看板で多く人のにお店を知ってもらい来店していただき、認知されリピート客へつなげることです。新規顧客を獲得するためにも「周辺への周知」はとても大切なことになります。


看板での周知

お問い合わせで「とにかくおしゃれな看板を取付けたい」とご連絡をいただくことが多くあります。 店舗のイメージは大切な部分になりますが、果たしておしゃれな看板=周知してもらえる看板と言えるのでしょうか。

看板はじっくり見てもらえるものではなく、一瞬もしくは数秒しか見られません。その限られた短い時間で多くの人に判断してもらう必要があります。 看板のデザインを考えるときは短い時間しか見られないことも踏まえ、看板のデザインを考えなくてはなりません。仮に一般的におしゃれと言われるステンレス切り文字で店名・ロゴマークだけの看板の場合、おしゃれさはあるのですが、多くの人からスルーされることもあるかと思います。FC展開している店舗はすでに認知されているためロゴマークを見ただけで分かりますが、これから多くの集客を狙う店舗にとっては、周知という目的を果たすには難しい場合があります。

他にも色あせしている、蛍光灯が切れている、表示面が劣化しひび割れ・剥がれ・破れなどがある看板も周知できる看板ではないと思います。飲食店・クリニックの場合、清潔感がなくマイナスイメージになってしまいます。

営業されているおしゃれな店舗イメージを崩したくない場合などは、ある一定期間だけでもウインドウサイン(ガラスサイン)・日よけ幕などで店舗の業務内容、一押しの商品、多くの人に知ってほしい内容を定期的に出すことも一つの方法かと思います。

ウインドウサイン・日よけ幕は簡単に現状回復もできるためおすすめなアイテムです。

看板で多くの人に周知してもらうためには看板の種類、デザインを検討することがとても重要と言えるのです。

商売繁盛の為に、周知する看板を

店舗オーナー様は「商売繁盛」のために看板を付けられているかと思います。 多くの人に周知してもらうにも看板は必要です。 また看板はチラシ・広告のように一過性ではなく継続して店舗をアピールしてくれるアイテムです。たかが看板と思わず周知する看板を考えてみてはいかがでしょうか。 地域一番になりうる実力を持っていながら看板がしっかり働いてくれないため集客が上がらないお店も少なくないかと思います。このコロナ過で厳しいかと思いますが一度看板について考えてみてはいかがでしょうか。


 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page