top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

看板の広告って・・・?そもそも広告って??








会社や店舗を経営していると、自社在所周りの看板だけでなく、少し離れた場所に道案内の看板を出してみようかとお考えになったことはありませんか?

あるいは駅や繁華街に広告看板を出して製品やサービスのアピールをしてみようか?など。


広告ってとても大事なものですがそもそも広告の意味をご存じでしょうか?



そもそも広告とは

屋外の広告看板を見ていく前に、まずは広告とは何かを掻い摘んで見ていきます。



広告の定義

広告とは「メッセージの中に明示された広告主が所定の人々を対象に、製品やサービス、アイデア等について、伝達または説得をするために、人を介する以外の方法で様々な媒体を通して行う告知」のこと


広告主が判ること

お金を払って告知すること

人を介さないこと


最初のふたつは判りやすいですが、人を介さないとはどういうことでしょう。

それを知るためにマーケティングに関わる要素を見てみます。


マーケティング

プロモーション


マーケティングを立案していくには、次の4つの要素が必要と云われています。


製品

価格

流通

プロモーション


ものがなければ売れませんし、価格がなければ売れませんので、いずれもあたりまえのことで判りやすいのですが、最後のプロモーションは、さらに4つの要素に分かれます。


広告

販売促進

人的販売

パブリシティ


ここで広告と人的販売の二つの言葉が出てきました。

つまり、ものを売るマーケティングの際のプロモーションのひとつに広告があり、プロモーションの一要素として位置づけられた人的販売は広告には含まれないというのが先の定義での意味合いです。簡単に云えば、店頭での呼び込みは広告ではないですよ、といったふうに考えれば良いのかと思います。


しかしながら、この4つの要素の境界は時代とともに曖昧になりつつあり、たとえばツイッターでの短文投稿が、人的販売に当たるのか、販促に当たるのか、それがメディアで取り上げられた場合はパブリシティに当たるのかというように、思惑と結果が意図的な仕掛けと異なるケースも多くなってきました。

また、クロスメディアと云われるような新たな取り組みも増えています。


同様にかつての四大広告テレビ、ラジオ、新聞、雑誌やSPセールスプロモーション広告の内訳やバランスも変化しています。



広告の意味は、お判りいただけましたでしょうか??

私もこの記事を書きながら勉強になりました。


次回は、看板の広告について書きます。


 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page