top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

電飾看板の寿命とは?!

今、電飾スタンド看板をお使いのお客様、何年ほど使用されていますか?











最近の看板はとても丈夫でしっかりメンテナンスしていけば

長年使い続けられるものも多くあります。

大切な看板だけにしっかりメンテナンスをして

長年ご愛顧いただきたいのですが、電飾スタンド看板で

使用されている照明器具にも寿命があります。


看板自体は問題なくても

中に入っている照明器具は経年劣化は避けられません。



電飾スタンド看板内部の照明器具の寿命


電飾スタンド看板に限らず、蛍光灯タイプの内照式看板には

安定器と呼ばれる文字通り入力側から送られてくる電気を

安定化させて出力側に送るための電源装置が使用されています。

この安定器を主とした照明器具の交換の目安が紹介されています。


照明器具の交換目安が10年になります。


安定器が電力を制御する際にロスする電力は熱となって放出されます。

なので点灯中の安定器の温度は高温になります。

屋内用の照明器具ならまだしも看板内部で風の通り、

放熱性が悪い環境の中で真夏のような状況では

周辺温度が高まり安定器への負荷が増してしまいます。



安全チェック項目のご紹介


外側からではなかなか気づきにくい点ではありますが、

照明器具の寿命のサインとなる確認事項があります。


ひとつでも当てはまる場合は危険な状況になっていますので

早急に使用停止し、照明器具の交換が必要になります。


・累積点灯時間が40,000時間以上

・使用期間が15年以上

・こげくさい臭いがする

・照明器具に発煙、油漏れなどの形跡がある

・電線類に変色、硬化、ひび割れ、芯線露出などがある

・配線部品などに変色、変形、ひび割れ、ガタツキ、破損などがある


また、以下のような症状のある照明器具は

危険のサインが出ていますのでこちらも使用を停止し、

照明器具の交換が必要になります。



・使用期間が10年以上である

・ランプを交換しても他のランプより極端に早く寿命になる、または黒化する

・ランプ、グロースタータを交換しても点灯までに時間が長くかかる

・ランプ、グロースタータを交換してもちらつきが止まらないものがある

・ランプを交換しても他のランプより極端に暗いものがある

・点灯時に漏電ブレーカが動作することがある

・本体、反射板などに極端な汚れ、または変色がある

・グロースタータ(点灯管)が点滅を繰り返す


いかがでしょうか?


電飾スタンド看板にも使用される照明器具の

交換の目安と危険に気付くチェックポイントについて取り上げましたが、

どの項目もしっかり点検しようと思って確認しないと

見過ごされてしまうようなものが多いのではないでしょうか。

裏を返せばちゃんと光っている状態であっても定期的に点検することが

大切ということですね。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page