top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

高所看板に必要な作業車

看板って低いところもあれば高いところもありますよね。脚立くらいで届けばいいのですが高所作業用の作業車を使わないといけないところもあります。








街中の看板みてると、どうやって取り付けてるんだろう?と思うような場所もあります。

そんな高所看板の取り付けに必要な作業車まとめてみました!




高所作業とは、一般的に2m以上の高さで行う作業のことを指します。これは、労働安全衛生法で、作業の際に条件がつく高さが決められているからです。脚立を立てて2m以上の作業をするケースなども含まれます。

労働基準法には、18歳未満の者・妊産婦(産後1年未満)は、安全・衛生・福祉などの危険な業務に就かせることを禁止する制限が設けられています。何歳まではいいという確定した表記もありませんが、一般健康診断での検査項目に該当する血圧が140以上の方は高所作業を制限されます。作業者の健康状態により、危険作業を防止する判断基準も設けられています。 ふだんは高所作業でなくても作業内容によっては高所作業に該当するケースもあるので、工場や建設現場などで作業をされる方はしっかりと覚えておきましょう。

高所に看板を取付ける際に必要な道具(車両)


・高所作業車

・ラフタークレーン

・ユニック

・足場

・脚立

・はしご


高所作業車

高所作業車とは、特殊車両のことです。 2m以上の高さに上昇できる作業床(作業員が作業時に乗る場所)を持ち、昇降装置、走行装置等により構成される。作業床の上昇、下降などに人力以外の動力を使用する。最高地上高8mから40mまで伸縮する車両があり、先端にバケットがついているタイプが多く、公道を自走できるのが便利です。他にも種類があるのでレンタルするときは、使用用途にあったものを選ぶようにしましょう。

ラフタークレーン

1つのエンジンを駆動源として走行、旋回、吊り上げなど全ての動作を行います。 四輪駆動、四輪操舵システムを装備しているため、悪路でも走行・作業に対応できます。

ブームの組み立てが不要であり、現場到着後ブームとアウトリガーを伸ばせば、作業が即可能な状態になり、 また作業終了後ブームとアウトリガーを収納すればそのまま現場から帰ることができます。 スペースが制限された現場に対応できるMRタイプや空中ジブ出しが可能な車両もあります。 ※公道では特殊車両通行許可が必要。

ユニック車

キャブバック型、荷台内架装型、ハイアウトリガ型、キャブバック型には、一番オーソドックスなタイプで操縦室と架台の連結部にクレーンを設置しているタイプとなり、車のレッカーなどにも活用されます。 荷台内架装型には、架台内にクレーンを設置しており、車両の長さを短くすることができます。狭い場所での作業に向いています。 ハイアウトリガ型、アウトリガで車体を持ち上げることができ、車両や重機といった重量物の運搬作業に向いています。

足場

足場といえば工事現場などで作業する際に造る、仮設の作業床や通路を指す場合が多い。足場には、枠組足場、単管足場、ブラケット一側足場、くさび緊結式足場、張出し足場、吊り足場、吊り棚足場、丸太足場などがある。足場の組立方として、本足場、一側足場、二側足場、棚足場などがある。 高所作業車が侵入できないところなどに使用します。

脚立

二つの梯子(はしご)を両側から合わせ、上に板を載せた形の持運びのできる踏み台の1種で、住宅などで使用するものは,はしご形の2つの脚の上部に狭い板をちょうつがいで止め,伸ばせばはしごになるような仕掛けになっている。脚と水平面との角度が75度以下となっている。木製のほか,軽くてじょうぶなステンレス製のものなどもあり、伸縮幅も豊富なものが、出回っています。踏む面は安全に作業するために必要な面積も必要になっている。

はしご

昇降のための道具で、壁の表面などに立てかけて使う固い材質(木・竹・金属など)でできたものと、頂上から吊るして使う縄などでできたものがある。固い材質の梯子は移動して用いられることが多いが、建物の壁に永久的に固定されているものもある。鉄道車両においては緊急時に車両から脱出する場合に使用する。幅は30cm以上であり、すべり止め装置やその他転落防止の必要な措置がある




いかがでしたでしょうか? 今回はもっとも多い作業例をもとに書きましたが、このほかにもロープ作業などもございます。



現場により適した作業を選ぶのも大切になってきます。


使う道具や作業車によっては、施工料金も大幅に変わってくることもございます。


出来るだけコスト削減に努めさせていただいてますのでお気軽にお問合せ下さい♪


 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page