top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

FFシートって何!?

更新日:2021年10月14日

今回は、FFシートについてわかる範囲で書いていきます!














なんであの看板って継ぎ目がないの?

看板屋さんからの見積書にFFシートって書いてあるけどなに?

ターポリンとはどう違うの?



看板材料FFシート

現在、中~大型電飾看板、特にファサード看板・自立看板の表示面は、この“FFシート”での製作が主流です。FFシートにもメリット・デメリットはあります。


不燃FFシートについて、表示面の取付方法なども書いていきます。



FFシートとは

FF(エフエフ)シートとは、主に電飾看板の表示面に使用される、白いテント生地のようなコシのあるシートです。正式名称はフレキシブルフェイスシートといいます。メーカーやグレードにもよりますが、耐候年数は5年程度が一般的です。現在ではアクリル板よりも多く使用されているのではないでしょうか。



FFシートのメリット

アクリル板のような厚みのあるプレートではなく、シート(幕)を用いるわけですから、割れる心配がないから安全、幕なので軽量(面積によってはとても軽いとは言えない場合もありますが、プレートよりは断然軽い)、大きい表示面でも継ぎ目なく仕上がるから美しい、そして何よりも発色がいい!など。これから看板製作をお考えの方は、是非覚えておきたいシートです。



FFシートのデメリット

FFシートの場合、表示面の交換が少し難しいです。従来のプレートタイプ(アクリル)の場合、たいていの看板はどこかしらのフタ(多いのは上部or側面)のビスをドライバーで開けることができれば、プレートを差し替えることができましたが、FFシートの場合そうはいきません!FFシートの表示面の取付にはちょっとした技術と慣れが必要です。



FFシートの表示面の取付

FFシートの表示面の取付とは簡単に言うと、看板の四辺のフレームから外側に向けて、常に幕を引っ張り続けているようなイメージです。太鼓みたいな感じです。実際に、ほんの少し太鼓(ドラム?)のような音がします。また、シートにテンションをかけ続けるため、看板フレームにはそれに耐えうる強度が必要です。



FFシートへの印刷方法

カッティングシートかダイレクトプリントの2通りあります。


カッティングシートを貼る方法

カッティングシートでの製作のほうがオススメです。FFシート特有のパキっとした発色によく合います。ただし、写真(画像)やグラデーションの表現はできないので、ロゴマークにグラデーションが使われていたりするとダイレクトプリントになりますね。


ダイレクトプリントする方法

通常の印刷の場合、看板を光らせていないとき(昼)と、光らせたとき(夜)の色味の差が気になる場合があります。昼の色味に合わせると、よる薄い色味に感じてしまったり、その逆もあります。条件的にダイレクトプリントの選択しかできず、昼夜の色味を合わせたい。

実は、そんな要望にお応えする加工方法もあるんです。通常の印刷よりコストはかかりますが、FFシートの両面に印刷したり、印刷層を増やすなどニーズに合った印刷方法があります。



FFシートとターポリンの違い

FFシートとターポリンの違いとは、

光を透過させるか・させないか

電飾看板に使うか・横断幕に使うか

引っ張るか・引っ張らないか

電飾看板にターポリンは使わないし、横断幕にFFシートは使いません。横断幕・懸垂幕・日よけ幕などによく使用されるターポリンは、補強のため縫製加工やハトメ加工をする事が多いのでFFシートよりは加工性は良いです。

FFシート、ターポリンを同じカッターで切ってもFFシートの方が切りにくい印象です。両者とも繊維質ではありますが、FFシートのほうがより繊維感をカッターの刃先に感じるイメージです。FFシートは電飾看板、ターポリンは幕と覚えてください。



FFシートの張り方

イメージ的には、看板表示面の中心から、常に放射線状にテンションがかかり続けているのがFFシート看板です。


仕様は様々ですが、一般的には、

①まず人力である程度のテンションをかける

②アルミ形成品のミゾ付きフレームに、テンションバーをビスに固定

【ミゾの深さ分、バーを均一に打ち込むためテンションがかかる】

時計で言うと、12時・6時→3時・9時→その他の順で、放射線をイメージしつつ、バーも一度で(ミゾの深さ分)打ち込むのではなく、2~3回に分けて打ちきる。と、キレイに仕上がります。慣れるまでは角にシワが寄ることが多いかも・・・。

また、円筒形のフレーム、丸型のフレームなどにもFFシートを施せます。アクリル板などをアウトラインカットしなくて済むのもメリットですね。


ただ、長方形の看板とは違い、テンション作業にはかなりの職人技が必須になります。



FFシートの不燃タイプとは

FFシートには不燃タイプのものがあります。基材にガラス繊維を使用しており、通常のFFシートとは異なり曲げに弱い性質があります。

通常の火災により火熱が加えられた場合、下記3点の条件を満たしたうえで、国土交通大臣から認可された物のみが不燃材料と呼ぶことができます。

  • 加熱開始後20分間は燃焼しない

  • 有害な変形や溶融、亀裂等の損傷が生じない

  • 有害な煙やガスが発生しないもの


不燃FFシートの注意事項

不燃FFシートを使用することで、建築基準法にそった屋外広告物を製作することが可能です。ただし、通常のFFシートとは性質が異なるため、下記の注意事項を守って正しく使用することが大切です。

  • 製品性能の低下を招く恐れがあるため、マーキングフィルム(カッティングシート)貼り加工の際は各メーカーが推奨するフィルムをご使用下さい。

  • 不燃FFシートは基材にガラス繊維を使用しておりますので、カット時や折り曲げた際にガラス片が飛び散る恐れがあります。 取り扱いの際は、手袋や防護めがね等を使用することをお勧め致します。

  • 不燃FFシートは従来のFFシートに比較して伸び率が小さいため、施工時のテンション量も小さくなり、使用できる取付金具も限定されます。各メーカーが指定する金具を使用し、施工方法についても取扱説明に準じて行ってください。

  • 不燃FFシートは曲げに弱く、跡が消えなくなる他、強度も低下します。運搬・施工時などではシートが折れ曲がらないように注意が必要です。


不燃FFシートが必要な場所

建築基準法 第66条「看板等の防火措置」には、防火地域内にある看板、広告塔、装飾等その他これに類する工作物で、建築物の屋上に設けるもの又は高さ3mを超えるものは、その主要な部分を不燃材料で造り、覆わなければならないとされています。つまり、一定の基準の看板には不燃性材質の使用が義務づけられているのです。


防火地域とは

都市計画法に基づいて定められる地域のことで、この地域内には、万一火災が起こっても他に延焼しないような建物・工作物を建てなければなりません。 基本的には耐火建築物であり、平屋または2階建てで、延べ床面積が100平方メートル以下であれば準耐火建築物でもよいとしています。ただし、延べ面積が50平方メートル以下の平屋建ての付属建物で外壁・軒裏が防火構造になっているもの、高さ2m以下の門や塀などは例外として除外されます。



FFシートの看板は長く使える優秀な看板


FFシートは発色がいい。

安全・軽量・美しい

テンション作業がひとクセある。


今では電飾看板の光源もLEDが主流なので、発色が良いFFシートと相性ぴったりですね。

LEDの長寿命に伴い、先に表示面の劣化が目につくと思います。簡単ではないですが、看板設置後、現地でFFシートの張り替え作業なんてのもありです。


FFシートの看板は長くお使いいただける優秀な看板だと思います。


長い目で見たら一番賢い選択といっても過言ではないでしょう。



 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:239回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page