top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

FFシート内照式看板

今回は、電飾タイプの大型看板に重宝するFFシートについて書いていきます。



















FFシートは、継ぎ目のない美しい仕上がりになります!



電飾看板の表示面素材

アクリル板に代わって、内照式看板の表示面に使用されることが多くなってきたフレキシブルフェイスシート、通称FFシート


FFシートは、テント地のような柔らかいシートです。

これをどうやってきれいに看板枠の表面に張ってあるのか?

ちょっと気になります。



構造について

FFシートの内照式看板の基本的な構造は、まず箱状の本体フレームがあり、そのフレームの片面ないし両面にFFシートを太鼓の革のようにぱんぱんに張った状態で、内側から電材を光らせています。


このシートをきれいに張るためによく使われるのが、FF用展張レールと呼ばれる、アルミ製のU字型のレールと押えバーの金物のセットがあります。



基本的な張り方

FFシートの基本的な張り方としては、箱状の本体フレームの四辺の縁に取付けたFF用展張レールと押えバーでFFシートの4辺の端をはさみこんで、徐々に引っ張って張っていきます。


メーカーが出しているアルミ製のキット看板などは、最初からフレームの縁にU字型の溝が作られている物もあります。


FFシートをシワの無いようにきれいに張っていくには、最初にテープ等で仮留めして位置決めを行い、押えバーをビスで均等に締めこんでいくという、少々コツのいる作業となります。



その他の張り方

現在よく使用されているFF用展張レールを使ったFFシートの張り方を説明させてもらいましたが、この他には、U字レールの代わりに丸棒を溶接づけしてあるものは、大型看板に使用されるハンガーとボルトで引っ張るものなど、様々な張り方があります。




少々コツのいる作業


FFシートの展張には、少々コツのいる作業が多いです。

とても大きいシートなのでちょっと難しい作業にはなりますが、つなぎ目がなくとても綺麗に仕上がるのでおすすめです。




 

看板・内装のことなら

AGO グループへご相談ください。

048-711-1359

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

Comments


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page