top of page

​NEWS

​新着記事

ブログ: Blog2

おしゃれ・かっこいい!イケてる看板の制作とは?

「かっこいい看板」「おしゃれな看板」とは?

いざ看板製作をしようとするとなかなか難しいですよね。


色合いだったり、文字の配置だったり・・・

お客さんの目にとまるには・・・など


そこで、どうすればおしゃれな看板、かっこいい看板が作れるのか?


「イケてる看板」という大胆なテーマで看板のデザインについて掘り下げていきたいと思います。


皆さんは「おしゃれな看板」、「かっこいい看板」、そして「イケてる看板」と聞いてどのようなイメージを持たれますか?


おしゃれな看板=かわいい・洒落ている かっこいい看板=スタイリッシュ


一般的にこんな感じでしょうか??


では、ここから本題です!


おしゃれでかっこいいデザインの作り方


おしゃれなデザインについて考えてみましょう。


おしゃれ・かっこいい看板の決め手は配色です。

配色とは、色を配置・構成することを言います。


早速、配色を考えていきましょう。


ただ闇雲にカラーパレットから色を選んでいってもなかなか思い通りのデザインにはならなかったりします。


和風のデザインでも洋風のデザインでも、高級感もポップで可愛い印象も使用する色味が与える印象で大きく異なります。


ですので、以下のような順番で看板に使用する色を決めていきましょう。


(1)今回の看板のメインの色を決める(何色系の看板?) (2)メインカラーが決まったら、ベースカラー、サブカラーを選ぶ (3)最後にアクセントカラーを決めて、完成


これでおしゃれ系でもかっこいい系でも素早く悩まず看板の配色を決めることができます。



配色イメージを決めよう

テーマは、なにか?

明るい系、かっこいい系、ダーク系などテーマにあった色を決めます。 ベースが決まればあとは何色かメイン以外の色も決めます。

おすすめは、同系色でまとめることです。

最後は、決めた色を以下のイメージで割り振り直します。


  • ベースカラー:50-70%

  • メインカラー:10-20%

  • サブカラー:10-20%

  • アクセントカラー:10-20%


そうすると、バランスのとれた配色パレットができあがります。


難しそうですが、慣れてしまえば直感的に配色することができます。


























いかがでしたでしょうか?


いざ、おしゃれな看板、かっこいい看板を作ろうと思ってもなか


なか難しいものですが、配色に注目してデザイン製作に取りかかれば、想像通りのデザインが作れるのではないでしょうか。


でも、一番肝心なのは、メインカラーの色味です。

つまり、「店舗の作り出す雰囲気の色味」と合わせることです。


いくらデザイン的に優れた看板でも他の看板との調和、店舗との調和が取れていないと浮いてしまうだけでなくイメージが伝わりづらくなってしまいます。


イケてる看板のイケてる色味とは店舗の色味 イケてる看板とはその看板が情報だけでなく、店舗の雰囲気まで醸し出しているということですね。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛媛出張

今日も皆さまお疲れ様でした。 代表の菅野です。 先月は月初から 岐阜、金沢、沖縄と出張が続き 今月は月頭から愛媛に行ってきました。 空港にみかんジュースタワーがあり どこで使うねんって写真を撮ったのですが 使い道がないので、誰が見てるのかもわからないブログに使う暴挙に出ておきます。 松山では一八と言う、鳥割烹に行ってきました。 若鶏のwakaは どこで食べた事もない鳥料理でした。 凄いシンプルなの

コメント


​Contact

​お問い合わせ

​看板・内装のことならお任せください!

​メールでのお申し込み

・お名前

・お電話番号

・ご相談内容を

メール本文にご記入の上、下記アドレスまで送信して下さい。

​担当者よりご連絡させていただきます。

お電話でのお申し込み

9:00~20:00までお受けすることができます。

下記電話番号へご連絡下さい。

​担当者がお話を伺います。

フォームからお申し込み

お問い合わせフォームからもご相談を承っております。

​こちらのフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

bottom of page